リペアジェル

コスメルジュ編集部が選んだ敏感肌で使ってみたいオールインワン化粧品

無添加・低刺激に徹底的なコダワリ

水を一滴も使うことなく、自社栽培の無農薬米や植物由来の美容成分だけで作られたリペアジェル

 

テクスチャーは結構なねっとり感。伸びずに肌を擦ってしまうのではないかと心配でしたが、肌に伸ばしてみるとなじみが良く、ピッタリと密着。しばらくするとジンワリと温かくなってきます。小じわにもスッと浸透して浮いて伸びるような感じが!

 

午前中に付けて夜までツルツルモッチリ感が持続しました。高いエイジングケア効果がありながら、界面活性剤や防腐剤など肌に不要なものが一切入っていないのにはオドロキ。敏感肌でも安心して使い続けられるエイジングケア用品だと思いました。

コスメルジュ編集部が選んだ敏感肌で使ってみたいオールインワン化粧品

リソウ リペアジェル

口コミで50万本!余分なものは1滴の水さえも加えない無添加オールインワン

リペアジェル

かなり粘度の高いテクスチャーなので不安でしたがちゃんと浸透してくれました。お値段は高いですが、ほんの1滴で凄まじい保湿効果が得られるので1本で数ヶ月持ちます。余分なものが入っていない100%ピュアなオールインワンなので私のような敏感肌でも安心して使えます。

年齢肌に最も推奨できるブランドに選ばれたリソウの無添加オールインワン美容液。コラーゲンの生成を促す独自の生命体成分「ビタミンC生命体」と「コメ発酵生命体」を配合することで、しわ・たるみの大きな原因である加齢によるコラーゲン不足をカバーしてくれる特徴があります。肌に余計な添加物はもちろん、一滴の水さえも不使用。敏感肌でも使えるという口コミが多いオールインワンです。
(合成界面活性剤・防腐剤・酸化防止剤・鉱物油・動物由来成分・香料・着色料 不使用)
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(3000円)もついて1,980円!通販限定

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

敏感肌にも高評価!若返りが実感できる馬プラセンタ配合オールインワン

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

ゲルでもなく、ジェルでもなく、クリームでもなく…とっても不思議なテクスチャー。使う度にお肌に栄養分が注入され、キメが整ってきました。お化粧ノリも良好で、くすみのない明るさを実感出来るようになりました…敏感肌の私でも使えるオールインワンです。

最も美容効果、若返り効果が高いと言われる馬プラセンタを配合したオールインワン。独自技術の天然ゲルを使用することで低刺激で、通常のジェルの2倍の浸透力を実現。ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドの三大保湿成分も加えることで乾燥対策はもちろん、加齢による保湿成分の減少で、敏感肌への傾きはじめた肌のケアにも。
(合成界面活性剤・パラベン・着色料・ポリマー・アルコール・香料・鉱物油 不使用)
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
コラーゲン化粧品アンケート

トリニティーラインジェルクリームプレミアム

累計397万個突破!セラミド55倍で乾燥しやすい敏感肌でもで夕方まで潤いが続く

トリニティーラインジェルクリームプレミアム

オールインワンの中でも結構濃厚な使い心地で、セラミドも高濃度のようなので乾燥からしっかり守ってくれていると感じられます。製薬会社が作っているからか、こんなに濃いのに肌には優しくて、敏感肌の私でもトラブルが起きていません。しっとりとしながらキメも整ってきて、オールインワンとは思えない仕上がりに大満足です。

大正製薬グループが開発した美容成分95%以上のオールインワン。健康で美しい肌に欠かせない保湿成分セラミドを従来品に比べて55倍も配合、ツヤやハリのある若々しい肌作りができるのが特徴です。48種の美容成分はナノカプセル技術が施されているので、角質層まできちんと浸透します。製薬会社ならではの優しい使い心地で、敏感肌でも安心して使えます。
(香料・着色料・エタノール 不使用)
3,800円・税別/定期初回1,900円税抜(2回目以降3,693円税込)
公式HPへ

one オールインワンクリーム

長時間続く潤いとハリ!栄養豊富なユーグレナが肌質改善にも働くオールインワン

one オールインワンクリーム

あのミドリムシが入ってるっていうので早速使ってみました。使用して一週間経ちましたが、なかなかいい感じ。なんとなく肌がふっくらして張りが出てきています。それと、保湿の持続力があるのが良く分かります。普通肌の人には多少べたつきが気になるかもしれませんが乾燥肌の私にはこれくらいがちょうどいいです。

話題のユーグレナを配合したオールインワン。加水分解ユーグレナエキスに美容有効成分などを加えカプセル化することで美肌成分をフレッシュな状態で肌に浸透させるのが特徴です。高配合エモリエント成分、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンなどエイジングケア成分も配合。またビタミン類やアミノ酸など59種類もの栄養素を持つユーグレナは、健康な肌作りやバリア機能の改善に役立ちます。根本的な敏感肌ケアをしたい方に。
(パラベン・鉱物油・合成香料・アルコール 不使用)
4,900円・税別/定期初回1,950円(2回目以降4,410円)税別
公式HPへ

パーフェクトワン モイスチャージェル

4000万個!7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン

パーフェクトワン モイスチャージェル

ゆるめのぷるんとしたジェル。敏感肌ですが、ピリピリとした刺激はなく肌荒れも一切しません。乾燥肌でもあるのでたっぷりお肌にのせて軽くマッサージするとぷるぷるな肌になります。頬にハリを感じるので浸透力も高い感じ♪ジェル特有のモロモロも出ないので敏感肌の人には1度試してもらいたいですね。

7種類ものコラーゲンを配合した日本で最も売れているオールインワン。役割の異なるそれぞれのコラーゲンが、肌の必要とする場所で働き内側からしっかり保湿するのが特徴です。ヒアルロン酸やセラミドと言った敏感肌対策でに欠かせない保湿成分をはじめ、、和漢植物エキスなど40種類の自然由来成分も配合。さらに製薬会社の製造・販売と言うこともあり品質と安全性が高いオールインワンです。
(パラベン・合成香料・合成着色料 不使用)
お試し1か月3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)・税別
公式HPへコラーゲン化粧品アンケート

メディプラスゲル

800万本突破!66種類もの美容成分を配合しながら7つの添加物フリーで敏感肌にも

メディプラスゲル

オールインワンは不安でしたが、こちらは乾燥もしません。つけたときは少しべたつきますが時間をおくともっちりしっとりします。本当にこれ一本でしっとりもちもちの肌になります!敏感肌で基礎化粧品はピリピリしみる事が多い肌ですがこちらはそれが全くなく、香りもしないので助かっています。

30代から60代の幅広世代に支持され800万本以上売れているオールインワン。セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸の3大保湿成分をはじめ厳選された66種類もの美容成分を配合、さらに水も美肌の湯で有名な玉造温泉水を使用しているのが特徴です。配合成分が豊富ながらも、防腐剤をはじめ肌に不要な7つの添加物フリー。1ヶ月2000円弱というコスパも魅力です。
(防腐剤・エタノール・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・シリコン 不使用)
1本2ヶ月分3,996円・税込/定期初回3,996円→2,996円・税込キャンペーン中!30日間全額返金保証有

バランシングゲル

@コスメでも1位に!3種類のセラミドでバリア機能を高めるオールインワン

バランシングゲル

基本乾燥肌で花粉シーズンは敏感肌。真冬のかさつき、春先の敏感ゆらぎ肌、真夏の汗ばむけれど潤い不足、そういった症状とは無縁になりました。わたしもオールインワンゲルってどうなの、そんなに手抜きして。と思っていましたが、問題なし。どころか絶好調。フェイスオイルを2・3滴足して使っています。

3種類のセラミドや優れた保湿力を持つプロテオグリカンを配合したオールインワン。ゲルは角質内部と同じラメラ構造。それにより紫外線や乾燥などのダメージを受けた肌に代替肌バリアとして働き、肌のバリア機能を高めるのが特徴です。一時しのぎの敏感肌ケアではなく、肌本来の力を取り戻す処方設計で使い続けるほどに肌の変化を実感できます。
(石油系界面活性剤・アルコール・合成着色料・合成香料・シリコン・鉱物油 不使用)
初回限定価格3990円・税込(定期購入初回価格3725円・税込)/サンプルで肌に合わない場合返金保証有

 

※掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

リソウコーポレーション リペアジェル 31歳 敏感肌

1.その時のあなたの肌の状態と悩みは?

リペアジェル

どちらかと言うとただの乾燥肌だったはずなのですが、出産を機にそれまで使っていた化粧品が使えなくなったばかりか、他の化粧品でも赤くなったりヒリヒリすることが増えました。肌を守るためにしっかり保湿をしたいのに、効果が高いものは軒並み使えず。そうこうしているうちに乾燥も悪化して、顔全体がぱりぱりする感覚に。

 

2.その化粧品を選んだ理由は?

化粧品をライン使いするよりオールインワン1つで済ませる方が刺激が少ないと聞き、オールインワンを探していました。雑誌のコスメ特集でこちらが載っていたのですが、原材料の全てが美容成分という事に驚かされ(通常、原材料の筆頭の大半は水ですよね)、しかも植物由来だけなので、肌に優しそうだと思いました。ホームページを見てみると、90%以上の皮膚科医が使い続けたいと回答したと載っていて、肌の専門家がそういうなら効果も安全性も申し分ないだろうと思いました。

 

3.最初の印象(テクスチャー・刺激、気になった点など)は?

固いジェルと口コミで読んではいましたが、想像以上のねっとり感でジェルと言えるのかも疑問なほど。固かった水飴が少し柔らかくなってきたかなくらいの粘度にびっくりしたのですが、肌に乗せてみたら固くて伸ばしづらいということはありませんでした。しかも肌に乗せるとじんわりと温かくなってまたびっくり。独自技術が施されているかららしいです。
気になった点は少し鉄臭いところです。成分由来の物だから仕方ないし、いつまでも香っているわけではないので慣れです。

 

4.良かった点と悪かった点(改善して欲しい点)

化粧品と言えどもそんなすぐに効果を感じられるものは無いと思っていました。でもこのリペアジェルは数日使ってみただけで、ちょっと気になり始めた目尻の浅めのシワがすぐふっくらしました。リペアジェルには何度驚かされるのやら(笑)。植物由来の成分だけのおかげで、こんなに効果が高いのに刺激も全然感じず、肌トラブルも起きていません。むしろ何となく肌質が少し良くなってきたような気がします。このまま使い続けたら、敏感状態を脱せられるのでは…と期待が持てます。お値段は確かに高めですが、1回に使う量が1・2滴で済むので、存外にコスパはいい方だと思います。

リペアジェルの公式HPで詳しく見てみる!

敏感肌のオールインワン化粧品の上手な選び方

敏感肌のスキンケアに適しているのがオールインワン化粧品です。1本で化粧水、美容液、乳液、化粧下地など幅広い役割を担ってくれるため、その分肌を摩擦する回数が減って刺激を避けることができるのです。

保湿成分や抗酸化作用にこだわった成分が配合されたものや添加物の有無もチェック

敏感肌の人は何よりも肌への直接の刺激を避けることが大事ですから、この点は重要です。ただ、それだけが理由でオールインワン化粧品を選ぶのではなく、敏感肌の改善にも役立ってくれるような製品を選ぶ必要があります。

 

では敏感肌のオールインワン化粧品の上手な選び方とはどのようなものなのでしょうか。

 

まずは保湿。水分不足を補い、肌のバリア機能を改善させることが最優先課題となります。どのオールインワン化粧品にも保湿成分が配合されていますから、できるだけ浸透力と効果に優れたものを選ぶことが大事です。

 

加水分解ヒアルロン酸やマリンコラーゲン、高濃度セラミド、あるいはメーカー独自に開発された複合成分などをチェックしていきましょう。

世間の評判や人気の高さだけでなく、実際に利用して自分に合っているかどうか見極めて選びたい

それから肌の老化を防ぐ抗酸化作用。肌の老化は乾燥を加速させることで敏感肌の原因となります。

 

とくに30代を過ぎる頃から肌が敏感になりはじめた人は老化が原因の可能性が大です。ビタミンCやビタミンEをはじめとした抗酸化成分が豊富に含まれたオールインワン化粧品を選ぶようにしましょう。

 

もうひとつ、添加物の存在もチェックしておきたいところ。

 

肌への刺激が少ないのがオールインワン化粧品の最大のメリットなのですから、製品そのものもできるだけ刺激が少ないものを選ぶべきです。

 

石油系合成界面活性剤は問題外として、香料や防腐剤、鉱物油など敏感肌に刺激をもたらす可能性がある物質もできるだけ使用されていないものを選びましょう。アルコールにも注意が必要です。

 

こうしたポイントを踏まえたうえでオールインワン化粧品を選んでいくわけですが、敏感肌は人によって症状に大きな違いがあります。

 

それだけに世間の評判だけで判断せず、実際に使用したうえで自分に合っているのかどうかをしっかりと見極めることが求められるでしょう。
参照:オールインワン化粧品

 

敏感肌になる原因と肌の仕組み

敏感肌は生まれつきの肌質のケースもあれば後天的になってしまうケースもあります。どちらも肌のバリア機能が低下してしまい、刺激に対して敏感な状態になっているわけですが、どうしてこのような状態になってしまうのでしょうか?

セラミドをはじめとした細胞間脂質が不足すると角質細胞同士の結びつきが弱まる

普通肌の人とはどういった点で違いがあるのでしょうか?敏感肌の方が自分の肌に適したケアを行っていくためにはこうした基本的な部分もある程度知っておく必要があります。

 

角質層では角質細胞が整然と並びながら層をなした構造が作られています。この構造では角質細胞は密着しているわけではなく、セラミドをはじめとした細胞間脂質によって結び付けられる形で構造が保たれています。

 

さらに表皮には皮脂が皮脂膜を形成し角質層にフタをするような形となっています。その結果紫外線をはじめとした外部からの刺激がもたらされてもその影響が角質層の奥にまで入り込むことがなくしっかりとシャットアウトできるわけです。

 

しかしこうした構造がもともと維持しづらい、また生活環境などの影響で乱れてしまうことがあります。最大の問題が乾燥です。

 

先ほど触れたセラミドをはじめとした細胞間脂質が不足すると角質細胞同士の結びつきが弱まり、隙間ができるようになっていきます。

老化が進むことで保湿成分が減少し、ますます乾燥が加速、バリア機能が低下する要因に

その結果その隙間から水分が蒸発し、どんどん乾燥してしまうのです。しかもそれだけではなくその隙間を通して紫外線などの外部からの刺激が奥にまで侵入してダメージをもたらしてしまいます。

 

さらに角質層内で水分を抱え込んで保湿効果をもたらしているヒアルロン酸やコラーゲン、天然保湿因子(NMF)といった成分が減少してしまうことでますます乾燥が加速して外部からの刺激を跳ね返す力が失われていきます。これがよく言われる乾燥によるバリア機能の低下です。

 

とくに老化が進むとセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった成分の生成量が減少するためバリア機能の低下が加速していきます。それだけでなく栄養バランスが偏った食生活や乱れた生活習慣も影響しますし、生まれつきこれらの成分の生成量が少ないというケースもあります。

 

厄介なのは一度バリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなると肌環境がますます悪化し、それがますます紫外線の影響を受けやすくなるという悪循環を生み出してしまう点です。

 

もうひとつ、過剰な洗顔が皮脂膜の形成に必要な皮脂まで除去してしまっていたり、セラミドを洗い流してしまうことでバリア機能を低下させてしまっているケースも見れます。

 

こうした肌の仕組みを知り、自分がどんな原因で敏感肌になってしまっているのかを見直してみてはいかがでしょうか。

 

敏感肌で避けた方が良い化粧品

敏感肌のスキンケアでは化粧品との相性がとても大事です。どんなに高価な製品を使用していても肌との相性が悪い場合には効果が得られるどころか逆効果で炎症などのトラブルの原因となってしまいます。

特に合成界面活性剤は敏感肌にはダメージが大きい

敏感肌に合わない化粧品の代表格は合成界面活性剤が使用されたものです。

 

安価で大量に生産できることからスキンケア製品に幅広く使用されている合成界面活性剤ですが、肌への刺激が強いという難点を抱えています。

 

その害が指摘されるようになって久しいですが、とくに敏感肌には大きなダメージをもたらす恐れがあるので注意が必要です。

 

それから添加物防腐剤、香料、着色料といった添加物が使用されている製品も肌に余計な負担をかける恐れがあるので注意しましょう。

 

とくに防腐剤は製品の品質や持ちをよくするためにどうしても使用しなければならない面もあります。

 

多彩な有効成分を配合している製品であればあるほど防腐剤が必要となるケースが多いため、この点は効果と肌との刺激を天秤にかけて選んでいくことが求められます。

ハイドロキノンは刺激が強い成分なので注意したい

シミや黒ずみに悩まされている人は美白化粧品を使用するケースもあるでしょう。その際にハイドロキノンに注意が必要です。

 

効果が強すぎて白い斑点ができてしまうなどの難点も指摘されているハイドロキノンはもともと刺激が強い成分です。敏感肌には適さない面もあるので他の美白成分を使用するか、濃度が低いものを選ぶのが無難でしょう。

 

もうひとつ注意が必要なのが「天然由来」「オーガニック」といった宣伝文句が使用されている化粧品。

 

それだけに安全性が高いように思えますが、小麦由来の成分が重大なアレルギー症状を起こして問題になったことがあるように、天然由来だからといって必ずしも低刺激で安全とは限りません

 

あくまで自分で実際に使ってみて刺激を感じないかどうかを確認したうえで判断することが大事です。

 

合うか合わないかは実際に使ってみればわかるでしょうから、少しでもおかしい、ピリピリするといった印象を受けた際にはすぐに中止して他の製品に切り替える臨機応変な対応が求められるでしょう。

更新履歴